TOP
blank

植木屋×SDGs!エシカルな“バナナペーパー”を使用した投函用チラシをクイック・ガーデニングが作成


Source : @Press

庭木の手入れサービス事業を手掛ける、株式会社クイック・ガーデニング(所在地:東京都府中市八幡町3-19-20 、代表取締役:渡辺 則夫)は、SDGsへの貢献を目的とし、エシカルなバナナペーパーを使用したポスティング用のチラシを日本ではじめて作成。2021年10月1日より都内にて配布を開始いたします。

 

【バナナペーパーとは】

blank

PHOTO: One Planet Cafe

blank

PHOTO: One Planet Cafe

アフリカのザンビア東部・エンフエ村で収穫できるオーガニックバナナの茎の繊維と古紙を混ぜて作られる、日本ではじめてフェアトレード認証を取得した紙です。現地の人々はバナナペーパーによる収入で安全な飲み水や食事を購入でき、医療や教育が受けられるようになります。雇用が提供できるため違法な森林伐採の抑制にもなり、森林にすむ野生動物の保護に繋がり、SDGs17項目すべてに貢献できるエシカルな紙とされています。

 

【作成の背景】

当社では創業から18年間、通算27万件以上のお庭や植木のお手入れをおこなっております。緑に携わっている当社は、これまでも剪定枝や植木鉢のリサイクルをおこないCO2の削減や、就労継続支援施設と提携し障がいのある方にポスティングをおこなっていただくなど、SDGsに取り組んでいます。

「日本のお庭を笑顔にします」を企業理念にうたっていることから、地球に優しいバナナペーパー使用することで人や植物、動物、地球の笑顔に少しでも貢献できればと考え、採用に至りました。

この広告を配布することにより、SDGsの認知度向上や当社の取り組みの周知に役立てれば幸いです。

 

【チラシデザイン】

blank

バナナペーパーチラシ中面

blank

バナナペーパーチラシ表面

 

【概要】

配布開始日  :2021年10月1日(金曜日)

配布地域・場所:東京都23区内

配布予定枚数 :2万枚

サイズ    :A4サイズ2つ折り(仕上がりA5サイズ)

※『バナナペーパー』は、繊維の配合率が20%以上ものと5%以上のもの2種類があり、20%以上配合した紙を用いた製品がWFTO認証の対象となります。

今回作成したチラシは、繊維が5%以上配合の紙を使用しております。

 

【クイック・ガーデニングについて】

2003年2月に東京都豊島区にて創業。植木屋サービス「植木屋革命」を運営し、関東及び東海地方へ展開。ホームセンターや生協、家事代行サービス企業など計26社と提携。

庭木1本だけでも剪定してほしいというお客様の声にお応えできる、必要な分だけを提供する植木屋サービスのパイオニアです。

植木屋・造園業界特有の不透明な料金体系などのわかりづらい頼みづらいといった、お客様の不安を排除し、迅速な作業をご提供することで、お客様から圧倒的な支持を集めています。

 

【会社情報】

社名  : 株式会社クイック・ガーデニング

代表者 : 代表取締役 渡辺 則夫

本社  : 〒183-0016 東京都府中市八幡町3-19-20 サンサティア3階

設立  : 2003年2月21日

資本金 : 4,600万円

URL   : http://www.919g.co.jp

事業内容: 庭木の手入れサービス事業

※「日本初」に関しまして、当社調べによる記載になります。


デザインタイムスはデザインに関する情報やニュース・プレスリリースをピックアップして紹介するデザインニュースサイトです。日本国内のデザイン・広告に関する情報を中心に、関連イベントや印刷技術などの情報もピックアップしています。掲載情報についても随時受け付け中です。