TOP
blank

マルタン・マルジェラが手掛けたアーカイヴアイテムを「OR NOT」で販売


Source : PR TIMES

 偉大なデザイナー、マルタン・マルジェラを追ったドキュメンタリー映画『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』の日本公開に伴い、配給・宣伝を行うアップリンクとのコラボレーション企画を開催いたします。イベントでは、株式会社未来ガ驚喜研究所が運営する「Archive Store(アーカイブストア)」が所蔵するアーカイヴの中から、映画に関連するMaison Martin Margielaのアイテムを販売いたします。

また同時に、国内の著名デザイナーやスタイリスト、エディター等のファッション業界の方々からの、マルタン・マルジェラにまつわる様々な声を集めたエディトリアルを公開いたします。マルタン・マルジェラのアーカイヴで、映画の余韻をお楽しみください。
 
blank
販売予定商品
 
blank

Archive StoreMARGIELA BY MARTIN -マルタンによるマルジェラ-概要
開催期間:2021年9月17日(金) 20:00 – 9月30日(木) 23:59
URL:https://or-not.com/events/martinmargiela
※ECのみでの販売となり、開催期間中にArchive Store店舗での販売はございません。

 

映画『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』
(ドイツ、ベルギー/2019年/90分/16:9/英語、フランス語)公の場に一切登場しない、撮影・対面インタビューにも応じない。
型破りでエレガント、突然の引退から10年以上経った今も大きな影響力をもつ
謎の天才デザイナー、マルタン・マルジェラがついに沈黙を破る。常に時代の美的価値に挑戦し、服の概念を解体し続けたデザイナー、マルタン・マルジェラ。
キャリアを通して一切公の場に姿を現さず、あらゆる取材や撮影を断り続け匿名性を貫いた。
本作の監督のライナー・ホルツェマー(『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』)は、難攻不落と思われたマルジェラ本人の信頼を勝ち取り、「このドキュメンタリーのためだけ」という条件のもと、ドローイングや膨大なメモ、初めて自分で作った服などプライベートな記録を初公開し、ドレスメーカーの祖母からの影響、ジャン=ポール・ゴルチエのアシスタント時代、ヒット作となった足袋ブーツの誕生、世界的ハイブランド、エルメスのデザイナーへの抜擢就任、そして51歳にして突然の引退――これまで一切語ることのなかったキャリアやクリエイティビティについてカメラの前でマルジェラ自身が語る、貴重なドキュメンタリーを作り上げた。

 

監督・脚本・撮影:ライナー・ホルツェマー(『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』)
撮影:トゥーン・イレハム/編集:ヘルマー・ユングマン / 音楽:dEUS
出演:マルタン・マルジェラ、ジャン=ポール・ゴルチエ、カリーヌ・ロワトフェルドほか
日本語字幕:額賀深雪
宣伝美術:千原航
配給・宣伝:アップリンク

■公式サイト  https://www.uplink.co.jp/margiela
■公式Twitter  https://twitter.com/MargielaMovieJP
■公式facebook  https://facebook.com/MargielaMovieJP
 

  • OR NOTオアノット)』

2019年よりスタートした、グローバルプラットフォーム。
デザイナーズファッションブランドのアーカイヴに特化したオンラインストア、業界の第一線で活躍するスタイリスト/エディター等が参画し、サステナビリティとファッションアーカイヴの面白さを唱えるメディアから構成される。国内より選りすぐりのアーカイヴを揃え、北米-ヨーロッパ-アジアに向け発信している。
URL:https://or-not.com/
Instagram:@ornot_official 


デザインタイムスはデザインに関する情報やニュース・プレスリリースをピックアップして紹介するデザインニュースサイトです。日本国内のデザイン・広告に関する情報を中心に、関連イベントや印刷技術などの情報もピックアップしています。掲載情報についても随時受け付け中です。