鋳物の青竹踏み「IMONOFUMI」

 

プロダクトデザイン事務所TAISEI MISHIMA DESIGNがくわな鋳物の伊藤鉉鋳工所と共同で、鋳物の青竹踏み「IMONOFUMI」を開発しました。三重県桑名市で400年の歴史をもつ、くわな鋳物。その伝統技法を受け継ぐ伊藤鉉鋳工所の職人が一つ一つ手作りしています。原材料から塗装まで全て国産。心地良い形だから毎日踏みたくなる、頑丈な鋳物の青竹踏み。

 


 

三重県桑名市において400年の歴史をもつ、くわな鋳物。

 

この伝統技術を活かし、暮らし・健康に役立ちたい。
外に出れない今だからこそ、おうち時間に気軽に運動して欲しい。
その思いから、頑丈で美しい青竹踏みが生まれました。

 

商品名:IMONOFUMI(いものふみ)

 

2020年11月4日(水)、クラウドファンディングサイトMakuakeにて先行販売を開始いたしました。

 

公開URLはこちらになります。

https://www.makuake.com/project/imonofumi/

【背景】

青竹踏みの健康効果は近年、再評価されています。

 

具体的には、
・足裏マッサージのように、 筋肉の疲れ・足裏のコリをほぐす。
・正しい姿勢へサポートし、血行を良くする。
・寝る前に踏むことで、靴下が無くても足の温かさが持続する。

 

ただ普通の青竹踏みは空間には馴染まず、置き場所にも困ります。そして今回提案する鋳物の青竹踏みは従来の竹製と比べると、和洋に合うデザイン性に加えて、頑丈・ずれにくい・カビないという機能性も大幅に向上しました。

 

つまり、「隠さずに魅せる、青竹踏み」です。

 

5つの特徴

①三重県桑名市で400年の歴史をもつ、くわな鋳物。

原材料から塗装まで全て国産であり、一つ一つが伝統の「くわな鋳物」の技法を受け継ぐ職人による手作りです。海外製の大量生産品にはない鋳物の本来の味と温もりを感じていただけると思います。

②堅牢で味わい深い鋳鉄製。

素材は、堅牢で味わい深い「鋳鉄」で作られております。その鋳物の持つ造形の自由度、頑丈さ、重量感を活かしました。従来の竹製と比べると、頑丈・ずれにくい・カビないという機能性、和洋に合うデザイン性が持つ青竹踏みになりました。

③踏み心地の良い形状。 

縦方向の曲線、横方向の曲線が生み出す3次元の曲線が足によく馴染むので、筋肉の疲れ・足裏のコリをほぐし、正しい姿勢になるようにサポート。

④好きなポジションで踏める。
コンパクトな2本を用いることで、横からも縦からも自分の好きなポジションで踏めます。かかと、つま先、土踏まず、足指を自由に刺激することができます。

 

⑤隠さずに見せる。

鋳肌の美しい質感、吸い込まれるような鋳鉄の黒色は空間を引き締めてくれるのも特長です。非常に頑丈なので長持ちするので、使っているうちに経年経過を楽しめます。使わない時は、インテリアとして安全に美しく飾って置けます。

 

【販売価格】

今回の先行販売では、「IMONOFUMI」をMakuake限定価格でご提供します。

 

【一般販売予定価格+送料】1本 6,000円

 

【超超早割   25%オフ】 1本 4,500円
【超早割    20%オフ】 1本 4,800円
【2本超早割 30%オフ】 2本 8,400円
【2本早割  25%オフ】 2本 9,000円
【4本割   30%オフ】 4本 16,800円

 

2020年11月4日(水)正午から、公開。
https://www.makuake.com/project/imonofumi/

 

【製造元】

有限会社 伊藤鉉鋳工所
代表 伊藤允一

 

昭和25年の創業以来、3代にわたって桑名の地で鋳物を製造してまいりました。

自動機械による量産ライン、安価な海外への仕事の流出によって、国内の鋳造生産が激減する中、創業当時とほぼ変わらない、職人による手込み造型によって、小ロット、短納期、そしてお客様へのレスポンスの速さで生き残ってまいりました。
今後は、先代より引き継いだ職人の技術を残しつつ、若い世代を育成し、初代の名である「鉉」の字の如く、鋳物の玄人集団を目指していきたいと考えております。

Web:http://ito-gen.jp/

 

【企画&販売元】

TAISEI MISHIMA DESIGN
代表 / プロダクトデザイナー
三島 大世

 

1992年東京都生まれ。イギリス・イタリアでデザインを学び、東京を拠点にフリーランスのプロダクトデザイナーとして活動。現在は日本全国を飛び回り、伝統工芸から町工場まで地場産業を活かしたモノづくりをしている。 また商品開発だけでなく、 多くの人に使われる商品にするために販売にも直接関わりたいと考え、地元である東京・板橋でお店を始めた。

Web:https://taiseimishima.com/