「元気になれるマスク」をテーマにしたデザインコンテストです。応募締切は8月25日(火)。上位入賞者5名のデザインを商品化するほか、「大賞」受賞者に3万円、「優秀賞」受賞者に1万円の賞金を贈呈します。あわせてクラウドファンディングサービス「Makuake」(マクアケ)でもプロジェクトを開設し、賛同者に商品化されたマスクをリターンとして提供いたします。

 


 

生地や素材にフルカラーで印刷する「昇華転写印刷」の技術を用いてOEM製品の製作などを行うウェイリン・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:山根あい)では、プリント布マスクのデザインを公募する「ほっこりマスクデザイン選手権」を、2020年8月5日(水)から8月25日(火)までの期間、公式サイトにて開催しています。上位入賞者5名の作品を商品化するほか、賞金を贈呈。さらに、クラウドファンディング「Makuake」(マクアケ)に開設したプロジェクトと連動させ、賛同者に商品化されたマスクの先行購入・割引の特典(リターン)を付与いたします。

 

▼「ほっこりマスクデザイン選手権」詳細ページ|ウェイリン・ジャパン公式サイト:https://weilinjapan.com/mask-contest/

 

▼ プロジェクト「マスクで笑顔と元気を届けよう! ほっこりマスクデザイン選手権」|クラウドファンディング「Makuake」:https://www.makuake.com/project/weilinjapan/

 

■「元気になれるマスク」をデザインし、暗くなりがちな気分を吹き飛ばそう!

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、暗くなりがちな昨今。外出にはマスクが欠かせません。コロナ禍の社会の“必需品”であるマスクについて、楽しみながらデザインしていただくことで、少しでも世の中が元気になればとの想いをこめて、今回のコンテストを企画しました。名づけて「ほっこりマスクデザイン選手権」。

コロナ禍で、“夏休みなのに遊びに行けない”という学生の方々の参加も歓迎します。入賞作品は商品化されるため、“デザインしたマスクが商品化されるかもしれない!”というワクワク感も味わっていただくことができます。

 

■「ほっこりマスクデザイン選手権」開催概要

 

名称:ほっこりマスクデザイン選手権

応募期間:2020年8月5日(水)~8月25日(火)

賞品:[大賞](1名)3万円+商品化マスク(5点)

[優秀賞](4名)1万円+商品化マスク(5点)

*上位入賞者のデザインは、フルカラーできれいにプリントされたファッションマスクとして商品化します。

受賞者発表:2020年9月4日(金)にサイト内で発表

 

<応募要項>

テーマ:「元気になれるマスク」

*手描きイラスト、CG、写真作品など、デザインの手法は問いません。

*応募用テンプレートデータを公式サイトからダウンロードし、作品データを添付のうえ、メールまたは郵送にて下記宛にご送付ください。

 

1.メールによる応募

メール本文に、氏名(フリガナ)、作品タイトル、住所、電話番号、メールアドレスを記載のうえ、次のアドレスに作品データをご送付ください。

・メールアドレス:contest@weilinjapan.com

 

2.郵送による応募

氏名(フリガナ)、作品タイトル、住所、電話番号を記入のうえ、作品を郵送ください。

・宛先:〒104-0033 東京都中央区新川1-1-7 リバーサイド茅場町ビル1F

ウェイリン・ジャパン株式会社 ほっこりマスクデザイン選手権 担当者宛

(電話番号:03-6262-3360)

 

<応募作品規定>

・作品の形態は、AIデータ(.ai/.eps)、PSDデータ、紙(手描き、出力)のいずれか
・AIデータ、PSDデータの場合、カラーモードはCMYKで保存のこと
・データ応募の場合、レイヤーは統合しないこと
・画像を使用する場合、解像度は350dpi以上とすること
・ウェイリン・ジャパンの公式サイトよりテンプレートデータをダウンロードのうえ、テンプレート内に収まるようにデザインすること

 

*応募点数は1名につき10点まで。
*応募された作品が印刷に適さない規格の場合、選考から外すことがあります。
*応募いただく作品は、未発表・未公開で、応募者に全ての著作権があるオリジナル作品に限ります。他のコンテストで過去に入賞した作品、および現在、他のコンテストに応募中の作品は、それらの類似作品を含め応募できません。

 

■クラウドファンディング「Makuake」(マクアケ)のプロジェクトと連動

コンテストは、クラウドファンディング「Makuake」でのプロジェクトと連動して開催しています。入賞作品の商品化・先行販売を前提とした企画となっており、プロジェクトの賛同者にはリターンとして、商品化されるマスクの先行購入・割引購入の特典が付与されます。

今回は「世の中を元気にするマスクのデザインを公募する」という取り組みのため、リターンとしてお届けするマスクのデザインは、コンテストが終了するまでわかりません。「どのようなデザインのマスクが届くのか」というワクワク感も、同時に味わっていただければと考えています。

 

▼ プロジェクト「マスクで笑顔と元気を届けよう! ほっこりマスクデザイン選手権」|クラウドファンディング「Makuake」:https://www.makuake.com/project/weilinjapan/

 

■「昇華転写印刷」について

「昇華転写」とは、インクジェットで転写紙に印刷したものを、熱と圧力をかけて染色する印刷方法です。インクが生地(素材)に染み込むため、生地(素材)の風合いが生かされ、とてもきれいな発色になります。写真画像やグラデーションも、高い品質を保ちながら印刷することが可能です。

 

■使用する布製マスクの特徴について

マスクは通気性の高いポリエステル製で、縦にも横にも伸びる「2WAY」と呼ばれる生地を使っています。伸縮性が高いので肌によくフィットし、柔らかい肌触りで、つけ心地も抜群です。繰り返し洗って使用することが可能です。

・サイズ:(約)縦140×横100ミリ(半分に畳んだ状態)
・材質:ポリエステル
・生産国:中国
*医療用・ウイルス対策用のマスクではありません。

 

■「昇華転写印刷」の技術を布製マスクの製作に活かして社会に貢献

ウェイリン・ジャパンは、中国に工場を持ち、「昇華転写印刷」という、ポリエステル生地にフルカラーで精細な印刷をして縫製する事業を手がけています。布生地へのきれいな印刷技術を活かして、主にOEMでアニメグッズやアーティストグッズ・各企業のノベルティなどを製作。新型コロナウイルス感染が拡大する状況のなか、「昇華転写印刷」の技術を活かして布製マスクの製作も行っており、大変好評をいただいています。

コロナ禍で暗くなりがちな世の中において、「暑くて蒸れるし、本当はつけたくないけどつけなくてはいけないマスク」を、少しでも明るくポジティブに捉えることができるような「素敵なデザインのマスク」が作れないかと考えました。そこで、「マスクのデザイン自体を公募し、取り組みに賛同してくれる人をクラウドファンディングで募集しよう」と思い立ち、企画したのが今回の「ほっこりマスクデザイン選手権」ならびにクラウドファンディング「Makuake」のプロジェクトです。

ウェイリン・ジャパンでは、これからも「できることを確実に」全力でベストを尽くして行いながら「昇華転写印刷」という技術の可能性を追求し、新しい価値の創造に向けて挑戦し続けていきます。

 

【ウェイリン・ジャパン株式会社について】

東京本社:〒104-0033 東京都中央区新川1-1-7
代表者:代表取締役 山根あい
設立:2015年7月
電話番号:03-6262-3360
URL:https://weilinjapan.com/

事業内容:昇華転写印刷技術を用いた布製品・アニメグッズやアーティストグッズ・各企業のノベルティなどの製作・販売

 

【一般の方向けのお問い合わせ先】
企業名:ウェイリン・ジャパン株式会社
担当者名:坪根 健介
TEL:03-6262-1578
Email:contest@weilinjapan.com