TOP

アート作品の共同保有プラットフォーム「ANDART」、マッチングアプリ「タップル」と連携開始。アート好きがつながれる「ウィッシュカード機能」を提供。


Source : PR TIMES

日本初、アート作品の共同保有プラットフォーム「ANDART」を運営する株式会社ANDART(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松園詩織)は、株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社である株式会社タップル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:飯塚勇太)の運営するマッチングアプリ「タップル」において、2021年8月27日(金)より、ANDARTがおすすめするアートスポットの情報を集約した「ウィッシュカード」の提供を開始いたしました。

  • ANDARTとタップルが連携したウィッシュカードについて

マッチングアプリ「タップル」の「ウィッシュカード機能」とは、気になる映画や、行きたい場所、やりたいことなどを自分のプロフィールに追加し、それをきっかけにマッチングすることができる機能です。本機能は、従来の年収や身長などの条件でのマッチングだけではなく、ご自身の趣味や嗜好を具体的にプロフィールに提示することで、自然なかたちでお相手とのコミュニケーションをスムーズにし、デートができることが特徴となっています。この度、新たに追加した「ウィッシュカード」は、ANDARTと連携している東京と大阪のアートギャラリーや商業施設の情報を集約し約20種類作成。MAHO KUBOTA GALLERYやWAITINGROOMなど、アート好きがつながれるよう豊富なデートプランを用意しています。
 

  • マッチングアプリ「タップル」について

マッチングアプリ「タップル」は、スマートフォン向けマッチングサービスとして2014年5月にサービスを開始いたしました。グルメや映画、スポーツ観戦など、自分の趣味をきっかけに恋の相手が見つけられるマッチングサービスとして、20代の若い男女を中心にインターネットに慣れ親しんだ世代からの支持を受け、会員数700万人突破、「タップル」を通して成立したマッチング数は延べ3億組と、国内最大規模のマッチング数となります。

https://tapple.me/
 

  • ANDARTとは

ANDART(アンドアート)は、これまで手が届きづらかった高額な有名アート作品や大型作品でも1万円から購入/売買ができる、日本初、アート作品の共同保有プラットフォームです。オーナー権を購入した作品オーナーは、オンライン上でのコレクションをはじめ、実物作品の鑑賞機会など様々な優待を通して気軽に本格アートコレクションを楽しむことができます。また、オーナー権の売買が可能な会員間取引機能もβ版にてご提供を開始しております。ANDARTでは2019年のリリース以来34作品の販売を行い、会員数は約1万名を突破。2020年、日経トレンディのスタートアップ大賞にて第3位を受賞しました。

 

日本初、アート作品の共同保有プラットフォーム「ANDART」:
https://and-art.jp
公式Twitter  :
https://twitter.com/ANDART_official
公式instagram :
https://www.instagram.com/andart.jp/

 





  • 会社概要


会社名 :
株式会社ANDART
代表者 :松園詩織
所在地 :東京都渋谷区渋谷1-8-5-102
設立 :2018年9月
HP:https://and-art.co.jp/

 

  • これまでのメディア掲載

・Forbes「アートのオーナー権を少額から購入 作品を複数人で「共同保有」する日本初のサービスとは」
https://forbesjapan.com/articles/detail/25926/1/1/1

・日本経済新聞「美術品取引 個人も気軽に スタートバーン、電子証明書で信頼感 アートゲート、数万円から共同購入」
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO43092080Z20C19A3FFR000/

・ワールドビジネスサテライト「日本初!アートを共同保有」番組内で特集頂きました。・日経産業新聞「アートシェア登場、あなたも絵画の「一口オーナー」に
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53169980Q9A211C1X11000/

・GOETHE「シェアビジネスの新潮流! たった1万円で有名アート作品のオーナーになる!」
https://goetheweb.jp/person/slug-na614b4991002

・Forbes「1万円からはじめる「アートの共同保有」は、日本人の美意識を変えるか?」
https://forbesjapan.com/articles/detail/31624

・アスキー「バンクシーも草間彌生も1万円からオーナー権が購入できる注目サービス『ANDART』」
https://ascii.jp/elem/000/004/021/4021770/

・共同通信「バンクシーの作品買えます 共同保有、約1万円から」
https://this.kiji.is/670516591762408545

・FINDERS「1万円からバンクシーやウォーホル、草間彌生ら超ビッグネームの作品オーナーに。」
https://finders.me/articles.php?id=2483

・日本経済新聞「美術品投資ぐっと身近に スタートアップが変える」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFZ2964T0Z20C21A1000000/

・2021年6月号のCLASSYにて「ANDART」をご紹介いただきました。

・日本経済新聞「暮らしにアート、背伸びせず 見る・描く・持つ手軽に」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC20BBF0Q1A520C2000000/


デザインタイムスはデザインに関する情報やニュース・プレスリリースをピックアップして紹介するデザインニュースサイトです。日本国内のデザイン・広告に関する情報を中心に、関連イベントや印刷技術などの情報もピックアップしています。掲載情報についても随時受け付け中です。