TOP

ココナラがビジネス向け購入プラットフォーム「ココナラビジネス」を8/10にサービス開始


Source : PR TIMES

ビジネス購入に特化したサービスをラインナップした「ココナラビジネス」

ココナラビジネスは、227万人(21年5月時点)が利用するスキルマーケット「ココナラ」の中から、ビジネス利用に特化したサービスをラインナップし、チームで利用しやすい機能を搭載した購入専用の新たなプラットフォームです。
従来のココナラが提供するサービスの豊富さ、価格、利便性に加え、新機能として組織・チームで仕事を進める上で便利な「チーム管理・連携機能」「プロジェクト管理機能」や、ココナラとの併用をスムーズに実現できる「アカウント切替」、さらに「リアルタイムチャット」でのサポートを提供します。ココナラは本サービスにより、個人事業主から大企業まであらゆる規模の事業と幅広い業種の利用を促進することで、ビジネス領域におけるユーザー拡大を本格化します。
今後もココナラは、あらゆる人をエンパワーし「一人ひとりが「自分のストーリー」を生きていく世の中をつくる」というビジョンの実現を目指し、全てが揃うサービスマーケットプレイスに向けて多角的な機能開発を進めてまいります。

 

■ココナラビジネス提供開始の背景

あらゆる分野のサービスを扱う総合型のスキルマーケットとして2012年にスタートしたココナラは、ビジネスからプライベートまで幅広いシーンでご利用いただける「全てが揃うマーケットプレイス」として拡大し、2021年5月にユーザー数227万人を突破。ココナラ全体の流通高は21年8月期3Qにおいて25億円(前年同期比57%増)、そのうち「制作・ビジネス系カテゴリ」の流通高が15億円(前年同期比74%増)に達し、成長を牽引しています。
大企業から個人事業主まで幅広くビジネス用途で利用されており、「デザイン」「イラスト・漫画」「Webサイト制作・Webデザイン」「音楽・ナレーション」「動画・アニメーション・撮影」「ビジネス代行・コンサル・士業」「ライティング・翻訳」「IT・プログラミング・開発」「webマーケティング・集客」など多様な用途でご利用いただいています。
こうしたココナラにおけるビジネス利用伸長の背景として、コロナ禍が契機となり、2点の変化が進んでいることが挙げられます。

  • 非対面取引への切替:いままで対面で行われていたあらゆるサービスの取引を非対面へ移行する企業が増加
  • 新規スキル需要増加:事業環境の変化により新規事業創出や、DX化など新しい事業運営に移行する必要が発生し、自社にないスキル・知見を必要とする機会が増加

一方で、ビジネス領域におけるサービス取引はオンライン化余地が依然として大きく、以下のような対面取引での課題は未だに存在しています。

  • 人づてやリーチできる範囲内で依頼せざるを得ない選択肢の制約
  • コミュニケーションにおける時間・場所の制約
  • 価格・品質・役務提供内容などの不透明性による情報の制約

ココナラはこれらの課題を解消し、すべての人が専門家やプロの知識・スキル・経験をもとに、ビジネスにおけるあらゆる機会を獲得し実現できることを目指し、「ココナラビジネス」を開始します。

 

■ココナラビジネスの特徴

①ビジネス利用に特化したサービス購入プラットフォームを提供

ビジネス利用向けに提供された約230種類のカテゴリから様々な価格、特徴、実績のサービスを比較検討できます。従来のココナラの使いやすさはそのままに、全デバイス対応のココナラビジネス専用画面でビジネスシーンでの使いやすさを追求しています。(登録料・利用料は無料)

②チーム利用をサポートする機能とビジネス利用に必要な機能の完備
招待したチームメンバーのアカウント情報や取引状況・購入履歴を一元管理することができます。
サポート面では、リアルタイムチャットサポートを通じて簡単・即座に問い合わせができます。
また「アカウント切替」機能により、「ココナラ」と「ココナラビジネス」を利用シーンに合わせて簡単に切り替えてご利用することが可能です。
(左)チーム管理機能(中央)アカウント切替(右)チャットサポート

(左)チーム管理機能(中央)アカウント切替(右)チャットサポート

■今後のご提供機能

プロジェクトごとの案件管理やメンバーアサインが可能になり、複数のプロジェクトをスムーズに進行することができたり、出品者とのやり取りをチームメンバーが閲覧し、納品物に関してメンバー間でコミュニケーションが取れる機能を追加予定です。(※)画像はイメージです
(左)プロジェクト管理機能 (右)チーム管理機能

(左)プロジェクト管理機能 (右)チーム管理機能

■ココナラご利用企業

ココナラではあらゆる規模の企業に多岐にわたる依頼内容でご利用いただいており、その一部をご紹介します。(以下、ココナラビジネスホームページより抜粋)

 

【東急株式会社 様】
2027年まで渋谷の連絡通路に掲出できるロゴを依頼、たった5日で依頼から納品までできたのはココナラだから

■ココナラを活用したもの
「しぶにしあぁと!ボード」のロゴデザイン作成

■選んだ理由
ココナラに出品している個人のデザイナーに依頼しすることで、個人間でうまれる驚きや楽しさを表現できると考えた。また納期がタイトだったが、対応できる方を見つけられた。


 

【株式会社ビジネス・ブレークスルー 様】
新サービスの立ち上げに、社外のクリエイターからの新しい視点をとりいれブラッシュアップ!新規会員の獲得が大きく加速
■ココナラを活用したもの
新サービスのロゴ、チラシ、動画制作
■選んだ理由
チームメンバーの1人であるかのように、直接出品者とやりとりできる。スピード感を持って納品まで取引できる。


 

【NIJIYA cafe&dinig 様】
ココナラがなかったらお店はできなかった!夢だったカフェオープンに際し、開業準備に必要なあらゆるものを依頼
■ココナラを活用したもの
パースデザイン、ロゴ、看板デザイン、ショップカードデザイン、コースターデザイン、メニューデザイン
■選んだ理由
専門性の高いプロにお願いでき、サービスの種類も豊富でなんでも揃うから


 

【スキルマーケット「ココナラ」】
https://coconala.com/
個人の知識・スキル・経験を購入できるスキルマーケットです。プライベートからビジネスまで、450種類以上、40万件以上のサービスが出品。ちょっとした困りごとから、専門家にお願いしたいということまで全てが揃うサービスマーケットプレイスです。デザイン、Webサイト制作、動画・音楽制作、ライティングなど『制作系』に加え、ビジネス・マーケティングなどの『サポート・代行』から、占い、ファッション、キャリア相談などの『相談系』まで、ビジネスからプライベートまでシーン問わず多彩なサービスを売り買いすることが可能です。また、サービスの出品・購入に始まり、お願いしたい案件の募集・提案まで幅広いニーズに対応。
会員登録数は227万人(2021年5月時点)にのぼります。2021年3月19日に東証マザーズに上場致しました。

 

【会社概要】
株式会社ココナラ
東証マザーズ・コード番号4176
所在地:〒150-0031東京都渋谷区桜丘町20−1 渋谷インフォスタワー6F
代表者:代表取締役社長CEO 鈴木 歩
設立日:2012年1月
会社HP:https://coconala.co.jp/ 


デザインタイムスはデザインに関する情報やニュース・プレスリリースをピックアップして紹介するデザインニュースサイトです。日本国内のデザイン・広告に関する情報を中心に、関連イベントや印刷技術などの情報もピックアップしています。掲載情報についても随時受け付け中です。