TOP

【銀座 蔦屋書店】魚譜画家・長嶋祐成が描く、妖しくも美しい深海魚。作品展「あやなし、海の闇」を8月9日(月)から開催。


Source : PR TIMES

魚と水生生物を専門に描く、魚譜画家(ぎょふがか)として活躍する、石垣島在住の画家・長嶋祐成の原画展を開催します。魚譜とは、描き手の観察を通して魚類の姿を描いたものです。
長嶋は、食用魚でも観賞魚でも、あるいは人の暮らしに直接かかわりのない魚でも、かれらの美しさや愛らしさ、格好良さ、気高さを、絵という形にして表現することを自身の画家としてのミッションとして掲げています。今回、銀座 蔦屋書店では、「深海魚」をテーマに『たくさんのふしぎ 釣って 食べて 調べる 深海魚』や『小学館の図鑑NEO 深海生物』に掲載された原画のほか、本展のために描き下ろした新作をご用意しました。
ほとんど光が届かない深海で、環境に合せて独自の進化を遂げた、妖しくも美しい魚たちの姿を描いた作品を展示します。
 

  • 作品詳細

 本展で展示・販売される作品の一部を紹介します。


タイトル|「ホウライエソ」(学名:Chauliodus sloani 
サイズ(額装)|W528㎜×H278㎜
価格|94,600円(税込、額付き)

 

タイトル|「ハナフエダイ」(学名:Pristipomoides argyrogrammicus 
サイズ(額装)|W468㎜× H346㎜
価格|95,150円(税込、額付き)

「シーラカンス」や「オニキンメ」のメジャーな魚の他、「サクラエビ」、「ホタルイカ」などの深海の生き物の原画、約30点を展示。ポストカード、ハンカチ、書籍の販売もございます。
 

  • 作品販売について

作品の販売は、オンラインのみとなっております。
2021年8月9日 15:00〜販売開始いたします。特設ページ|
https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/21616-1456450804.html
 

  • 作家コメント

夜の山道で手にした灯りを消すと、べったりと煙った闇に包まれます。
体の輪郭が溶けるように失われ、意識だけが虚空に取り残されて浮かんでいる。
そんな錯覚に陥りながら、虫の音や鳥の声がにわかに高まるのを感じます。
土の匂いに混じって流れてくる草いきれのなごりも、その濃さを増すようです。平安時代の歌人は、暗夜に満ちる梅の香気を愛でて「春の夜の闇はあやなし」と詠みました。たとえ闇が花の姿を覆い尽くしたとしても「あやなし」、意味がない。
香りは隠しようもなく際立つのだから、と称えたのです。深海魚たちが生きる海においても、きっとそうだろうと想像します。
底知れぬ暗闇とすさまじい水圧の世界に身ひとつで漂うことができたならば、
かれらが漏らす息遣いやかすかな光に私の意識は揺れ、強張り、
惹かれ続けるに違いない。あやなし、海の闇。
かれらが放つ生々しい存在感を掴みたいと思いながら描きました。
 

  • 作家プロフィール

長嶋祐成(ながしま・ゆうせい)

1983年、大阪生まれ。魚や水生生物を専門に描く画家。大学では思想を専攻し、卒業後は服飾分野でクリエイティブを学ぶ。デザイン会社でディレクターを務めた後、画家として独立。著書に『きりみ』『THE FISH 魚と出会う図鑑』(ともに河出書房新社)。定期的な個展の他、水族館・博物館の館内イラストや書籍の挿画等を手がけている。

 

  • 企画担当者コメント

何度となく繰り返される緊急事態宣言の最中、行動を制限される2度目の夏がやってきました。
海や水族館に行って出会うことがむずかしくなってしまった魚たち。長嶋さんによって、美しく、生き生きと描かれた海の生き物たちで、少しでも気分を盛り上げてほしい、そんな思いで企画しました。
本展は「あやなし、海の闇」と題し、海の生き物たちのなかでも、深海魚をテーマに描いていただきました。暑い夏に、暗くひんやりとした深海を愉しんでみてはいかがでしょうか?(企画担当:小檜山)

 

  • 展示詳細

長嶋祐成 深海魚作品展「あやなし、海の闇」会期|2021年8⽉9⽇(月)〜9月10日(金)
会場|銀座 蔦屋書店 トラベル書籍売り場
⼊場|無料
主催|銀座 蔦屋書店
お問い合わせ|03-3575-7755(営業時間内) /info.ginza@ccc.co.jp
※今後の国・地方自治体から休業要請内容の変更等があった場合、それに準じて本展覧会の期間なども変更になる可能性がございます。変更がある場合は、銀座 蔦屋書店のHP、公式SNSなどにてお知らせいたしますので、あらかじめご了承ください。

 

  • 店舗情報

銀座 蔦屋書店

本を介してアートと⽇本⽂化と暮らしをつなぎ、「アートのある暮らし」を提案します。
住所|〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F
電話番号|03-3575-7755
営業時間|店舗ホームページをご確認ください。
ホームページ| https://store.tsite.jp/ginza/
Facebook|https://www.facebook.com/GINZA.TSUTAYABOOKS/?ref=bookmarks
Twitter|https://twitter.com/GINZA_TSUTAYA
Instagram|https://www.instagram.com/ginza_tsutayabooks/

 

  • CCCアートラボ

私たちは、企画会社カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の中でアートに関する事業を行う企画集団です。「アートがある生活の提案」を通じてアートを身近にし、誰かの人生をよりハッピーにすること、より良い社会をつくることに貢献したいと考えています。店舗企画やアートメディア、商品開発やイベントプロデュースなど、長年の実業経験を通して培った知見をもとに、専門的なアプローチで企画提案を行います。
https://www.ccc-artlab.jp/


デザインタイムスはデザインに関する情報やニュース・プレスリリースをピックアップして紹介するデザインニュースサイトです。日本国内のデザイン・広告に関する情報を中心に、関連イベントや印刷技術などの情報もピックアップしています。掲載情報についても随時受け付け中です。