TOP

世界のどこにもない世界が神戸に10月29日誕生する!アートといきものたちが融合する新感覚水族館“atoa(アトア)”


Source : PR TIMES

ここは、世界のどこにもない世界。神戸の港の劇場型アクアリウム

施設名「átoa(アトア)」は、Aquariumu(水族館) to(と) Art(アート)が掛け合わさった造語。その名のとおり、デジタルアートや舞台芸術を駆使したアート空間の中に約100種類3,000点ものいきものたちが共存する。

 

- 隆起した大地と浸食する水 -
六甲の地形の成り立ちを表現する“まるで現代アート美術館のような外観”

神戸市が位置する六甲の地は100万年前以上の遥か昔、大地の隆起と水の浸食により形成されたと言われている。
átoa(アトア)が収容される施設・神戸ポートミュージアム(KPM)は、そんな神戸の地の成り立ちを体現したアート作品のような外観となっており、訪れる人の目を惹きつける。

現代アート美術館のような外観の神戸ポートミュージアム

現代アート美術館のような外観の神戸ポートミュージアム
 

“隆起した大地と浸食する水”を表現するため、実際の施工には六甲山と瀬戸内海で採取した土砂が壁面のコンクリートに使用さている。さらに約4,000m²の壁面を約300ℓの高圧化した水を使い壁面を削ることで骨材を露出させ、まるで地層のような独特の風合いを表現している。

キャプション:洞窟の入口のような階段を登り、探検気分で2階入場口へ

洞窟の入口のような階段を登り、探検気分で2階入場口へ
 

生きものたちとアートが共演する幻想的で独創的な8つの世界

átoa(アトア)の館内は計8つものゾーンにわかれており各ゾーンのテーマに沿った展示と空間演出がなされている。
入場口を入り来館者を待っているのが「CAVE-はじまりの洞窟」だ。鏡面加工を施された壁面と床面に魚群型の照明が乱反射し、万華鏡の洞窟を歩いているかのような錯覚に陥りながら奥へ奥へと入っていく。幻想的な洞窟を抜けると海中世界を体現した「MARIN NOTE-生命のゆらぎ」が広がる。空間全体を覆うウェーブ照明と潮の香が漂う香りの演出、さらには円柱型の水槽にトラフザメやチンアナゴなどの海のいきものが展示され、まるで海中を浮遊しているかのような感覚を楽しむことができる。

海中世界を体現した「MARIN NOTE-生命のゆらぎ」

海中世界を体現した「MARIN NOTE-生命のゆらぎ」

 

2階の展示の目玉のもう一つが「EREMENTS-精霊の森」だ。霧が立ち込める樹海の森、まるでおとぎ話の世界に入り込んだかのような世界で、淡水魚やアルダブラゾウガメなどの両生類、さらには水族館では珍しいウッドチャックなどの可愛いいきものたちとも出会うことができる。
átoa(アトア)ではこうした従来の水族館施設では出会うことのないユニークないきものが展示されていることも大きな特徴だ。

霧が立ち込める樹海の森「EREMENTS-精霊の森」

霧が立ち込める樹海の森「EREMENTS-精霊の森」

 

劇場型アクアリウムを存分に楽しむ2つのゾーン「MIYABI」と「PLANETS」

3階では“劇場型アクアリウム“を存分に楽しめる2つのゾーン「MIYABI」と「PLANETS」に注目してほしい。日本の風光明媚な和の世界を表現するゾーン「MIYABI」では、切り絵作家 酒井敦美氏による光の切り絵のショーを楽しむことができるほか、足元ではガラスで覆われた床のすぐ下に魚が泳ぎ、まるで日本庭園の上を歩いてるかのような不思議な感覚を味うことができる。

切り絵作家 酒井敦美氏による光の切り絵のショー

切り絵作家 酒井敦美氏による光の切り絵のショー

 

日本庭園の上を歩く不思議な体験

日本庭園の上を歩く不思議な体験

 

「PLANETS」では宇宙空間や深海の世界を体現している。ゾーンの中央に鎮座する直径3メートル・日本最大級の球体水槽「AQUA TERRA」、床に埋め込まれた光ファイバーと天井から降り注ぐレーザーとミストにより、空間全体が無数の星と光のベールに包まれる。

宇宙空間や深海の世界を体現する「PLANETS」

宇宙空間や深海の世界を体現する「PLANETS」

 

4階は屋外展示となっている。「SKYSHORE 空辺の庭」では開放的な空の下、フンボルトペンギンやコツメカワウソなどの可愛い海獣類たちとの出会いに心が癒される。

また4階にはアトアカフェが併設され、思わず写真を撮りたくなるようなインスタ映え間違いなしのフードやドリンク類が提供される。

インスタ映え間違いなしのFOOD&DRINK

インスタ映え間違いなしのFOOD&DRINK

 

さらに必見なのは展望デッキ「ROOF TOP」から眺める神戸の絶景だ。
ハーバーランドやメリケンパークが一つの構図の中に収まり、昼はもちろん夜には神戸ベイエリアの美しい夜景を楽しむことができる。

神戸ベイエリアを一望できる絶景ポイント

神戸ベイエリアを一望できる絶景ポイント

 

お帰りの際は一階のミュージアムショップにも立ち寄っていただきたい。可愛いいきものたちのぬいぐるみのほか、神戸らしいátoa(アトア)オリジナルの商品も販売が予定されている。

átoa(アトア)オリジナルの商品も販売が予定

átoa(アトア)オリジナルの商品も販売が予定

 

アクセスはポートループでの来館がおススメ!

átoa(アトア)へのアクセスは神戸阪急前から乗車できる神姫バス「ポートループ」を利用するのがおススメ。
また三宮からátoa(アトア)へは少し距離があるが、神戸の街をゆっくり散策しながら来館するのもおススメだ。
近隣にはハーバーランドやメリケンパークなどの神戸の定番スポットが点在するほか、この秋さらに話題の新スポットが続々オープンする。まずはátoa(アトア)と同時にオープンする神戸ポートミュージアム内の次世代フードホール「TOOTH MART」と、クラシックカーの展示やウエディングドレスを扱う「VOYAGE KOBE」だ。さらにこの秋、átoa(アトア)のすぐ横に「フェリシモ チョコレートミュージアム」がオープンする。

神戸ポートミュージアムの2階~4階部分をátoa(アトア)が占める

神戸ポートミュージアムの2階~4階部分をátoa(アトア)が占める

 

コロナ禍の中オープンするátoa(アトア)

密を避けゆったり展示を楽しめるよう、日時指定入場制を採用する

飲食業界のみならず観光業全体にも大きな打撃をもたらした新型コロナウイルス。館内の密を避け、より安全にゆっくりゆったりと館内での時間を楽しんでいただけるよう、átoa(アトア)では日時指定入場制の採用を予定している。チケットの販売は入場日の1月前から。詳しくはホームページをチェックして欲しい。

 

<átoa(アトア)基本情報>
所在地:〒650-0041 兵庫県神戸市中央区新港町7番2号
ホームページ:https://atoa-kobe.jp
オープン日:2021年10月29日
開館時間:10時―21時/年中無休
敷地面積:5600平方メートル
水槽:59基
展示:生物 約100種3000点、アート約50点
運営会社:株式会社アクアメント


デザインタイムスはデザインに関する情報やニュース・プレスリリースをピックアップして紹介するデザインニュースサイトです。日本国内のデザイン・広告に関する情報を中心に、関連イベントや印刷技術などの情報もピックアップしています。掲載情報についても随時受け付け中です。